ホワイトカラー・エグゼンプション、安倍政権は何年かかっても導入させるつもりだと

スポンサードリンク
サラリーマンの残業代を廃止する「ホワイトカラー・エグゼンプション」法案が、今月下旬に
開会される通常国会に提出されることが決定した。この法案が成立すると、年収900万円以上
のサラリーマンは残業代がカットされる。
 こんな法案を提出したら、4月の統一地方選、7月の参院選で自民、公明が大敗するのは確実。
それでも安倍政権が法案を提出するのはなぜか。米国からの強い要請があるからだ。「2006年 
日米投資イニシアティブ報告書」にハッキリと書かれている。
(中略)
郵政を民営化させることでハゲタカ外資がボロ儲けを企んだように、ホワイトカラー・エグゼン
プションも、いずれ外資を儲けさせることになる。
「ホワイトカラー・エグゼンプションは、要するに人件費を安く抑えるのが目的です。人件費を浮かせ、
経営陣と株主配当に少しでも回す。すでにキヤノンのように株主の半分が外国人投資家という企業が
増えている。三角合併が解禁される5月以降は、さらに外国人株主が増えるのは間違いない。サラリー
マンを安く使えば使うほど、外国人株主に恩恵がいく格好なのです」(大手証券マン)

安倍政権は何年かかっても導入させるつもりだ。
日本のサラリーマンは、ハゲタカのために酷使されるということか。
(ゲンダイネット)


うぅ〜ますます賃金や労働環境が悪化していくようだ。
こりゃ、普通のサラリーマンを続けていたら奴隷労働させられてこき使われ過労死、うつ病自殺者が急増しますぞ(´・ω・`)

【自民党が選挙に勝てば導入するホワイトカラーエグゼンプション(WE)】(まとめ)
■残業代  ・・・何時間でも0円 →年収要件は国会を通さず政令で300万円以上と変更可。
■残業時間・・・制限撤廃 (青天井)
■労働時間・・・制限撤廃 (週40時間労働の制度が消滅する)
■サビ残  ・・・合法化
■過労死  ・・・合法化 (企業の健康管理義務が消滅、労災対象外へ)
労働無制限。サビ残青天井。残業代0円。過労死自己責任。
まさに「奴隷化法案」です。

もはや自分のビジネスを持つ以外に助かる道はないのか?

⇒小遣い稼ぎ情報がいっぱい

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。